エネファームの価格はいくら?評判やメリットデメリットを簡単に解説

スポンサーリンク

テレビCMをはじめとする広告媒体の効果もあり、最近知名度が高まっているエネファーム。

しかし、まだまだ導入しているご家庭も少なく、エネファームの仕組みや導入するメリット・デメリットなどを十分に理解できていない方が多いようです。

エネファームを設置する際、各自治体や市町村から補助金をもらうことができたり、停電時でも電気が使えたりといったメリットもあります。

この記事では、エネファームの設置後に後悔しないために、仕組みや評判、デメリットなどを簡単に解説していきます。

エネファームとは?仕組みやメリット

エネファームの仕組み

エネファームは、都市ガスやLPガスなどを使って発電する「家庭用燃料電池」の機能と、発電の際に発生する熱を利用し、給湯や暖房などに使用する「コージェネレーションシステム」との二つの機能を持ちあわせた機器のことです。

家庭用燃料電池は、都市ガスやLPガスなどを改質器に通すことで水素に変え、その水素と空気中の酸素とを反応させることによって電気を発電する仕組みとなっています。

ただ、現行の発電システムは、発電効率が100%ではありません。

しかし、エネファームでは、発電に使用できない熱に変わるエネルギーを二次利用したコージェネレーションシステムによって、お湯を沸かしたり床暖房として利用することができます

ガスや石油を使用しなくともエネルギーを作ることができるので、オール電化やZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅にも導入されています

発電後のエネルギー効率が既存の発電システムより極めて高い

エネファームは、火力発電所や原子力発電所などとは違い、発電する際に発生する熱エネルギーを余すことなく利用することができるので、石油や天然ガスで作ったエネルギーの消費を減らすことができます。その結果、石油や天然ガスの使用量を23%程度削減することができます

エネルギーを作る際に有害物質の排出をする石油などの使用量が抑えられることで、地球温暖化防止や環境汚染の防止につながります。

ちなみに、エネファームでエネルギーを作る際の反応物は水だけなんです!

クリーンでエコだと言われる所以はここにもあるんですね。

自宅で発電するので送電ロスがない

エネファームは太陽光発電とは違い、遠方の発電所などで発電して、送電線を使って電気を送るシステムではなく、各ご家庭で発電するので送電の際に起きる送電抵抗がほぼ0%です。

一般的に、電気は距離に比例して減衰しますが、エネファームを使用し、ご自宅で発電した電気を使えば、距離による減衰の影響を受けません。

利用するガス会社によっては優待プランなどが設けられている

各ガス会社によって専用料金のメニューや優待割引制度などが設けられているので、ガス料金が安くなる可能性があります

また、エネファームで作られた電気を使用することができるので、電気代などの光熱費も削減することができます。

騒音が原因で近所トラブルになる可能性は低い

エネファームは、燃料電池で発電するので、ガソリン式の発電機などと比較すると、静音性が高く騒音リスクを抑えられます。

ただし、エネファームからは低周波音が発せられるので、人によってはうるさく感じるかもしれません。

エネファーム設置の際は、念のためご近所へ挨拶周りに行っておくのもおすすめです。

発電の様子が観察できる

モニターやリモコンの画面で発電量が確認できるので、電気に対する意識が高まり、省エネルギーにつながります。

エネファームの設置価格相場

パナソニック(補助金適用前)200〜230万円
東芝(補助金適用前)200〜230万円
アイシン精機(補助金適用前)220〜250万円

エネファームの本体価格は、メーカーや種類によって変わりますが、おおよそこのくらいの価格です。

さらに、本体価格に加え、設置工事費用が30〜80万円程度かかります

上記の価格はあくまで相場なので、詳しく知りたい方はリフォーム会社や一括見積もりサイトなどを利用して見積もりをしてもらうのがおすすめです。

スポンサーリンク

エネファームを設置するときに補助金はもらえる?

エネファーム導入時に申請できる補助金制度が、国や地方自治体などで設けられている場合もあります。

2019年度の補助金の申請期限は、2019年4月8日(月)~2020年2月21日(金)となっています。(年末年始は申請手続きの対応をしていません)

上記期間中であっても、補助金申請は抽選であったり、自治体の補助金の上限が決まっている場合は受付が終了していることもあります。

詳細は補助金の管轄をしている一般社団法人 燃料電池普及促進協会の公式ホームページをご覧下さい。

停電時や災害時はエネファームは使える?

エネファームは、電力会社から購入した電気で動くわけではないので、自然災害や停電などによって影響を受けることはありません

そのため、「電線が切れて送電できなくなった」「復旧に時間がかかる」といったことがなく、ご自宅で発電を続けることができます。

また、断水してしまった場合、エネファームに貯水している水を生活用水(洗濯や洗い物など)に使用することもできるので、“電気を発電する” という用途以外でも非常時にとても役立てることができます。

エネファームのデメリット

設置するためのスペースが必要

発電時に発生する熱でお湯を沸かして貯蔵する必要があるため、貯湯タンクを設置するスペースが必要になります

エネファームはご自宅の庭などに設置するパターンが多いです。

エネファーム自体は幅70〜100cm、高さ160cm程度の大きさなので、都会のように土地面積が狭い場合は、邪魔になってしまったり、景観が悪くなるといった口コミもありました。

設置価格が高い

価格相場でも説明しましたが、エコキュート本体に加えて設置工事代もかかるので、合計300万円前後の費用がかかります。

補助金制度を使用すれば、費用を抑えられますが、とはいえ高額な出費になので設置をためらっている方も多いです。

しかし、エネファームを設置することで毎月の光熱費を削減できるので、初期費用の回収は5〜6年程度だと言われています。

天然ガスの相場に左右されやすい

都市ガス用のガスはほとんどが海外から輸入されているので、輸入価格が高騰するとガス料金も高くなってしまうリスクがあります。

貯蔵タンク内にある湯の温度で発電が制限される

一部の製品では、貯蔵しているタンク内の湯が沸くと発電しないような仕組みになっているので、湯を使用する頻度や量によって、発電量が左右されてしまいます。このようなシステムが組み込まれているメーカーを避けたい場合には、事前に確認しましょう。

寿命が短い

定期的なメンテナンスや修理を行ったとしても、一般的な発電設備や給湯設備同様に、エコファームの寿命は20年程度です。

その都度買い替えが必要になります。

発電した電気は売電できない

太陽光発電システムとは異なり、エネファームで発電した電気を電力会社に販売することはできません。

ですが、今後法改正などが行われて、売電できるようになればメリットとして活用できる可能性もあります。

エネファームと太陽光発電・蓄電池は合わせて設置するとよりお得!

最近、エネファームと太陽光発電システムを併用するご家庭も増えています。

エネファームと太陽光発電システムをダブルで稼働し、発電させることで、当然発電量も増えるので、電力に余裕が生まれ、より効率的な発電システムとして運用できます。

つまり、エネファームと太陽光発電システムを組合わせることによって、より安定した自家発電が可能になるということです。

さらに、合わせて蓄電池を設置すれば、発電した電気を貯めておくことができます。

夜間の電気代が高い時間帯に蓄電池に貯めた電気を使えば、より電気代・光熱費がお得に!

浮いたお金で家族で旅行に行ったり、いつもより豪華な外食に行ったりできちゃいますよ♪

もちろん、太陽光発電や蓄電池を合わせて設置をすると、高額な初期費用がかかります。

なるべく費用を抑えるためには、複数の施工会社から相見積もりをしてもらい、比較・交渉するのがおすすめです!

「なんとなく良さそうだな」

「見積もりだけでもほしいな」

という方は、まずは無料一括見積もりサイトで見積もりをもらってみてくださいね。

まとめ

エネファームは環境にもお財布にも優しいシステム機器ですが、設置費用が高いことや設置場所を確保する必要があることから、まだまだ導入している人が少ないです。

しかし、エネファームを導入することで、家計の助けになることはもちろんですが、停電時や断水時などの非常事態でも使用することができます。

近年自然災害が増えており、ニュースでも取り上げられていますよね。

「もしものとき」を考え、一度導入を検討してみてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク