新築一戸建てに太陽光発電をつけるべきか!後付けはデメリットが大きい?

「新築で家を建てようか考えてるけど、太陽光発電も付けた方が良いのかな」

「新築じゃなくて後付けで太陽光発電を設置してもいいでしょ」

このように、太陽光発電の設置時期について、曖昧に考えていませんか?

新築の時に太陽光発電を設置すると、発電効率をよくするために太陽光パネルの向きや角度を自由に変更したり、周辺機器の設置場所も効率よく設置できたりします。

そこで、今回は新築で家を建てる時に、太陽光発電を設置するメリットや収支バランスについて解説します。

太陽光発電付き中古物件について詳しくはこちら
太陽光発電が付いてる中古物件のメリット・デメリット!購入は得か損か

新築一戸建ての新居に太陽光発電システムの設置を検討するメリット


家を新築するには多額のお金が必要となります。

しかし建設業者も家を建ててもらいたいわけですから、最終的には建設費、設備費全ての合計したものから、「ぽん」っと、結構な額の割引を提示してくることも多いんです。

建ててから太陽光発電システムの購入を検討するより、多少ですが金額的には得するはずです。

“業者側から話を持ちかけられて、そのまま契約”なんてことにならないように、このサイトでしっかりと知識を蓄えてもらえたらと思っています。

家を建てる時は、どうしても気持ちがたかぶっていますので、そこは冷静になってください。家を建てる時のノリで軽々しく“太陽光発電システム”について契約を決めてしまっては結局大損することになりかねません。

太陽光発電メリットとデメリット!売電価格は下がる一方で設置は損か得か

そこで、賢く得をするにはどうしたら良いのかということについて解説してみたいと思います。実際のところちゃんと得する仕組みになっているのかといった疑問をしっかりと解決してから、契約に臨みましょう。

【メリット1】太陽光発電の発電効率に影響する屋根も同時に決められる

新築時に太陽光発電を設置するメリットの1つ目が屋根の角度や向き、材質などを発電効率重視に変えられることです。

もし、建売の住宅や後付けで貸与工発電を設置すると、住宅を改築しない限り発電効率を重視した設置ができません。ちなみに太陽光が真南にくると仮定したら、太陽光パネルの設置向きは南向き、6寸勾配の角度で発電効率がよくなります。

ただし、計算上の発電効率なので、ここに屋根の材質や季節ごとの太陽との向きのズレによって、変わるので常にベストなポジションは難しいことを理解しましょう。

【太陽光パネルを設置できる屋根の形や広さ】最適な屋根の向き

【メリット2】太陽光発電の周辺機器の設置位置を選べる

太陽光発電設備は、太陽光パネルだけではありません。パワーコンディショナーや様々な機器が必要なのです。

従って、後付けの場合では、風通しの悪い場所や点検しにくい場所に設置せざるを得ない可能性があります。その点、新築時に設置できれば、パワコンの設置場所や通路や壁の配置も使いやすいように全てカスタマイズできます。

太陽光発電は10年以上使用するものなので、使いやすさ・点検しやすさも考慮しましょう。

メンテナンス費用についての記事はこちら
太陽光発電のメンテナンス料金と維持管理にかかる費用相場

太陽光発電は安く設置しないと元が取れない?

続いては、太陽光発電設置のコストと新築の関係性について解説していきます。

先ほどのメリットを知ると新築で太陽光発電を設置した方が、元が取れると感じるかと思います。しかし、実際にはいくつかの要件を上手くクリアすることで、元が取れるか結果が変わりますよ。

新築で太陽光発電設置をすることと元が取れるかは直接関係ない

2019年時点住宅用太陽光発電設備の固定買取価格は26円/1kwhと、年々下落傾向にあります。従って、元をとるためには

  • 太陽光発電に掛かる費用を抑える
  • 固定買取価格が年々下落しているので、早めに申請する

といった策を講じる必要があります。

また、太陽光発電システムを安く設置すると“元をとる”期間が短縮されることになります。発電量4kW程度の一般的な太陽光発電システムを、平均的な価格で購入した場合、おおよそ8年~10年というのが“元”をとるために必要な年数だと言われています。

ですから、その平均的な価格より安く買うことができれば、単純に年数を短縮できるという結論になります。

何年で元がとれるのか?
太陽光発電は何年で元がとれるのか?損なのか?得なのか?ソーラーローンって得なの?太陽光発電の初期費用を軽減するソーラーローンの仕組み

業者に相見積もりをすることも元が取れるかにも重要な要素

前述でも触れましたが、太陽光発電の元がとれるかという事と、新築とは直接的な関連性が薄いです。従って、もし元が取れるかという点を重視しているのであれば、業者への見積もり作業に関して考える必要があります。

また、見積もり作業に関しても、1社に見積もり出すと万が一質の悪い業者や平均相場よりも高い価格で見積もられる可能性があります。

従って、必ず相見積もりを使って、複数の業者からコストと質のバランスが取れている所を選びましょう。

太陽光発電は新築時と一緒がおすすめ!一括見積サイトで安く設置

太陽光発電を安く設置してくれる業者を探すのは結構大変なのです。そんな場合は一括見積もりを利用すると便利です。

一括見積もりに登録されている業者は、厳正な審査の上、登録されていますので安心です。下記によく利用されている“一括見積もりサイト”を挙げておきますので、是非利用してみて下さい。きっとあなたの望む業者さんに出会えるはずです。

太陽光発電システムの導入を検討している方は、気軽に見積もってみましょう。

また、新築で太陽光発電を設置するメリットは、

  • 屋根材や形状、材質を変更することで太陽光パネルの発電効率を上げられる
  • パワコンなど周辺機器の設置場所を自由に選べる
  • 配線なども見えない位置に設置できる

などのような、コスト面ではなく使いやすさなどに影響します。

ただ、太陽光パネルの設置向きを選べるという点は、発電効率にも影響するので間接的に元が取れるかに関わってきますね。

太陽光発電設置のポイントは相見積もりと新築です。

太陽光発電一括見積もりからさらに値下げをして最安値にする方法新電力会社比較ランキング 【2019年(令和元年)最新版】