オール電化より電気とガスの併用がお得?オール電化のデメリットとは

ここ数年で認知度も向上しているサービスといえば、オール電化ですが実際にどれだけお得になるか・弱点があるか知っていますか?

「オール電化」は家計を助けるお得な方法だといわれていますが、ここ数年は「ガスとの併用」のほうがお得だという意見があります。実際に、オール電化から切り替える人も多いそうです。では、生活に必須な料金をお得にする方法はどんなことか、気になる点がいくつかでてきますよね?

オール電化はお得というイメージがありますが、ガスとの併用やオール電化のみの運用、オール電化に切り替える際に注意するポイントなど知っておくべきことが多数あります。

そこで今回は、オール電化に興味関心がある方・オール電化を検討しているが分からない点が多くて悩んでいる方に向けて、オール電化の特徴やメリット・デメリットなどについて分かりやすく紹介していきますよ。

オール電化とガスの関係


電力自由化や太陽光発電の普及により、「オール電化」を検討する家庭が増加傾向です。

なぜなら、自宅の全てを電力によって動かすことで、さまざまな魅力や恩恵を受けられるため、多くのメリットがあるといわれています。しかし、オール電化だからこそのデメリットもあるため、一概に便利とはいえないこともあるのです。

オール電化やガスとの併用は公共料金の節約以上にメリットとなる

オール電化やガスの特徴について知る前に、オール電化によって得られるメリットについて確認します。

生活費の中で、避けられないのが「公共料金」です。

「電気代」に「水道代」、「ガス代」など、生活を行うために必須の料金となりますので、必ず支払わなければいけません。なので、少しでもお得にするために、「節約」を思い浮かべる方も多いでしょう。

しかし、節約ばかりでは負担が大きくなる場合もあります。そこで、料金プランなどの見直しを行うことが大切になっています。

料金プランの見直しというのは、今回紹介するオール電化への切り替えやガスとの比較・検討についてです。

オール電化の特徴は?何がお得になるの?


公共料金をお得にする方法として、「オール電化」を選択する家庭が多いといわれています。

以前から何度も広告が行われているため、聞き馴染みがある言葉かもしれませんね。

では、オール電化にするの何がオトクなのか、メリットとデメリットから、その特徴を紹介していきます。

水以外の生活に必要なエネルギーを一本化できる

オール電化の特徴は、家庭内のほとんどのエネルギーを電気によって賄うことができる点です。

つまり、オール電化に切り替えることで、ガス代を支払う必要がなくなります。

一本化することによって、生活は大丈夫なのかという疑問が生じる方もいますが問題ありません。

1つは、ガスの役目となる「給湯」などの機能で、電気式給湯器が販売されており問題なくお風呂などお湯を沸かすことができます。また、ピークシフト設定などによって、電気代が安くなる「夜間」に給湯を行うので、お得になるといわれています。

さらに、コンロも電気式=「IH」を用いるため、火を使うことはありません。なので、ガスがなくとも電気で調理ができますし、掃除や手入れも簡単なため、従来のガスコンロよりも使い勝手が良いのです。

このように、オール電化によって全てを電力で賄うことは、生活が簡単で便利になる側面もあり、大きなメリットとなっています。

全てが「電気代」になることが大きなデメリットに

オール電化のデメリットはどんなことになるかというと、前述のポイントと同じで「電気」が必要となることです。

オール電化は文字通り、水以外のエネルギーを全て電気によって賄います。リスク分散という言葉があるように、時に一本化は思わぬデメリットを招く可能性があります。

例えば、停電時には湯沸かしも調理も何もできません。全てを電気で賄っているからこそ、電力関係のトラブルで、生活が困難になってしまうのです。

また、ガス代は必要なくなるのがメリットでしたが、代わりに電気代が増えてしまいます。

電気料金が安い夜間に行うとしても、今までの電気代に上乗せされてしまうので、場合によっては高額になる可能性があります。

さらに、夜間が安くなる代わりに、昼間の電気代が割高に設定されている料金プランが多く、電気の使い方に気を付ける必要があります。

昼間に自宅で生活することが多い場合は、今までよりも電気代が高額になり、ガス代との合算よりも増額することもあるといわれています。

そのため、単純にオール電化にすればお得になるとは限りません。自分や家族の生活スタイルに合わないと、オール電化に変えたために負担が重くなってしまうことがあるのです。

ただ、最近では昼間の電気料金を安くして、夜間を割高にするなど様々な料金プランが提供され始めているため、今後長期的に見た場合は大きなデメリットにならないでしょう。

ポイントはオール電化ならではのデメリットに陥らないようにするためにも、事前の計画を具体的に作り上げておくことです。

自宅建設の際は細心の注意を

続いて、オール電化の特徴として挙げられるのが、一戸建ての建設に注意です。

一般的には「注文住宅」に該当するのですが、自宅の外観から内部の間取りまで、自分の好きなような、理想の自宅にすることが出来ます。

従って、オール電化も設計を行うときから検討できます。

つまりオール電化を前提にすれば、ガスを活用するための配管工事を行う必要がありませんし、建設に必要な時間や費用を軽くすることが出来るのです。

しかし、オール電化設置にはデメリットがあります。それは、変更に関しての手続きや工事の手間です。

後からガスを利用したいと思っても、ガス管自体がありませんので、簡単にオール電化から変更できませんし、変更する場合は、配管工事から必要になりますので、追加で費用や時間が必要です。

このように、オール電化にしてみたけれど、やっぱりガスとの併用が自分や家族に合っていると気づいても、簡単に工事ができるわけではないことを知っておきましょう。

参考 オール電化から都市ガスへの切り替えをご検討の方へ大阪ガス

太陽光発電はオール電化と相性が良い?

オール電化を家庭に導入すると、深夜の料金が安くなる代わりに日中の買電単価が今までより割高になります。

具体的には通常25円程度の買電単価が32円程度まで上がります。

ですからオール電化を導入したご家庭は日中は極力電気を使わないに越したことはありません。
共働きで全く日中家にどなたもいない家庭であればそのような事も可能ですが、そうもいかないのが普通かと思います。

そんな買電単価が高く、使いたくない日中の電気ですが、太陽光発電システムを設置しているとその高い電気を買う必要が無くなります。

太陽光発電システムは先ほど説明した通り、余った電気だけ高く買い取ってもらえる仕組みです。
ですので日中の発電している時間帯はできるだけ電気を使用したくありません。

売電できれば1kWhあたり37円得するところ、使ってしまった場合は平均25円くらいの得に下がってしまうからです。

ところがオール電化の場合、日中の電気代単価が平均32円ほどに上がっていますので、使ってしまった場合も32円のお得となります。

ちょうど太陽光発電システムが発電する時間帯とオール電化導入時に電気代単価が高くなってしまう時間帯が一致するので、補完し合う形になるのです。

なので、オール電化を検討している方は同時に太陽光発電の設置も検討しても良いでしょう。

無料で太陽光発電の見積もりをしてみる

ガスとの併用で電気代がよりお得になる?


オール電化をお得に活用するための方法として、最近よく聞く「ガスとの併用」を行うことがあります。

一見すると、オール電化自体が強みではないのか・ガスと併用したらオール電化ではなくなってしまうので無駄ではないかと考えてしまいがちです。

そこで、ガスを使用することのメリットや、オール電化との関係で気になることなどを解説します。

ガスとの併用で毎月の生活費の総額が安くなる場合がある

オール電化ではなく、ガスとの併用を行うことのメリットの1つに「安くなる」ことが挙げられます。

ガスとの併用は、一見するとコストが高いように感じます。しかし、オール電化のみとオール電化とガス併用で比べると、ガス代を加わったほうが安くなることがあるそうです。

夜間に給湯などを行えば、非常にコスパがいい方法であることに変わりありません。特に、ガスの基本使用料が必要にならないため、オール電化のほうがお得になります。

しかし、ガスと電気のコスト単価を比べてみると、オール電化の昼間電力が最も高額です。

そのため、オール電化に切り替えたことで、かえって生活費を圧迫することになるパターンがあります。

例えば、子供が学校などへ通う前の期間は自宅で生活する時間が多いため、基本使用料などの差額を含めてもガスを併用したほうがお得になるそうです。

特に、ここ数年電気代の単価が上昇している反面、固定買取価格が下落しています。オール電化だと、必要な費用が全て値上がりしているのと同じなため、ガスとの併用で対策することも視野にいれましょう。

必ずオール電化とガスとの併用が、お得になる訳ではありませんので、見積もりの段階でよく確認することが大切です。

エネファームの価格相場とメリット・デメリットや評判

オール電化でもガスとの併用でガスコンロやガス乾燥機が使える

ガスとの併用でメリットとなるのが、ガスを使った機器を使うことができることです。

オール電化の場合は、電気で稼働するものしか使用できません。従って、「ガス乾燥機」や「ガスストーブ」といった、ガスで稼働するものが利用できません。

オール電化対応機器を買いそろえるとなると、購入費で赤字になり得るので無理に切り替える必要性はありません。

例えば、IHヒーターを利用する場合、対応しているものしか利用できませんので、改めて買い直す必要があります。

また、購入できる家具などの選択肢が狭まり、自分が欲しいものを利用できない点がデメリットです。

ちなみに調理面でも、IHヒーターですと調理方法にも制限がかかってしまう事例があり、ガスコンロの方が調理に関して自由度が高いメリットがあります。

オール電化からガス併用への切り替えはコスト・工事内容共にハードルが高い

オール電化からガスとの併用の手続きに関して、特に制限があるわけではありません。そのため、ガス管などの設備が残っていれば、手間がなく切り替えや併用を行うことが出来ます。

ただし、オール電化に必要な設備は「エコキュート」など複数の専用機器を連携させなければいけません。

従って、オール電化は単純に電気で動かすようにするのではなく、専用機器・設備を業者によって取り付けてもらい、1つのシステムとして稼働させる必要があります。つまり、精密機器も含まれています。

そのためオール電化からガスとの併用に切り替える場合、オール電化の設備を受け継いで使用するか、完全に撤去するのかを選ぶ必要があるそうです。

もちろん、オール電化の設備とガスを併用する事はできますが、周辺機器の維持費用などにより全体のメリットが小さくなってしまいます。

しかし、設備の撤去費用も高額なため、完全に撤去してしまうのもリスクが高い行為です。なので、上手に活用できるのなら、無理に撤去するのではなく、なるべく併用ができるようにするか、オール電化で運用を考えるのがおすすめです。

オール電化からガス併用への契約・変更事項はしっかり確認しよう

オール電化からガスとの併用へ変更する場合に大切なことは「契約事項の確認」です。

オール電化を行うためには、設備を揃えることも必要ですが、電力会社との契約時にどのような料金プランで、毎月どの程度の費用がかかるか確認・試算しておくことです。

また、ガスとの併用を行うためにはオール電化の料金プラン等について解約を行わなくてはならず、場合によって解約金が必要になります。

実際に、ガスとの併用を行っていた家庭がオール電化に変える場合に、契約していたガス会社から違約金を請求されることが多いといわれています。

また、契約事項に関して、エコキュートなどオール電化設備とガスとの併用を認めていない事例もあるので注意しましょう。

もし、気付かずにガスを使用していたら、違約金を支払うようにと催促されるというリスクを負う事になります。ですので、ガス管などの工事を行う業者と、ガスを供給する会社が異なっている場合は、各契約事項の確認と問い合わせを行うようにしましょう。

ガス代は種類によって価格が変わる?お得なガスの種類とは


オール電化とガスの併用を行う場合、気にかけておきたいのがガスの「種類」です。

電気と違いガスにはいくつかの種類があり、性質や設備の特徴、価格などが異なっています。ここでは、家庭でよく使われているガスを比較していきます。どちらが使いやすくお得なのかを、しっかり確認していきましょう。

都市ガス

1つ目は、家庭用ガスを利用する場合の定番「都市ガス」です。「メタン」という成分が主になっている、空気よりも軽いガスで構成されています。

一般的に、大きな球型の「ガスホルダー」と呼ばれる施設で保管されておるため、一度は見たことがあるかもしれないでしょう。

都市ガスは、ガスホルダーからガス管を通り家庭に運ばれるため、利用する場合にはガス管が必須の設備となるのです。

また、都市ガスは政府が提供しているため、地域差はあるものの、価格は安く料金の幅も小さいのが特徴でありメリットになります。

デメリットは自宅の付近で問題がなくても、どこかのガス管が腐食などでダメージを受けていると、当たり前ですが自宅までガスが届きません。従って、災害などでガス管にヒビが入ると、復旧までに時間がかかる点に気を付けましょう。

プロパンガス(LPガス)

2つ目は「プロパンガス」です。プロパンガスは、「液化石油ガス」という成分で構成されています。

プロパンガスはガス管から供給することが出来ませんので、頑丈なガスボンベを利用する建物の屋外に設置することが必要です。

そのため、プロパンガスを契約しようと考えても、自宅の周りに設置するスペースが無い場合、プロパンガスの利用が難しいといわれています。

また、都市ガスに比べるとプロパンガスの料金が高い特徴があります。ただ、ガスによる発熱作用が都市ガスよりも優れているため、使用時間の短縮等を考慮すると単純な料金差で比較することはできません。

さらにプロパンガスは、契約する会社によって料金が異なるため、同じ地域でも差が出ることがあります。

もちろん、途中で解約し別のガス会社へ乗り換えることも出来ますが、違約金が発生することがあるため容易に乗り換えができない現状です。なので、事前にいくつもの会社を比較、検討を行い、自分が信頼できる会社を探すことが重要となっています。

東京ガスについて詳しく見る
【東京ガスの評判と口コミ】切り替えする際のメリット・デメリット

オール電化がメリットとなるかは生活スタイル次第

オール電化は、生活スタイルによっては想定した電気代コスト低下が難しく、逆に負担が重くなる可能性があります。

そこで、オール電化にする前には、どのようなメリット、デメリットがあるのかを十分に知っておく必要があるのです。

また、オール電化が優れていると思いがちですが、電気を使用する時間・給湯器など電力消費量の多い機器の使用頻度などによって、どの利用方法が優れているかは変わります。

従って、場合によってはガスとの併用がお得になるのです。実際にオール電化からガスとの併用へ戻す家庭も増えているといわれています。

そのため、自分や家族の生活スタイルに合せて、よりお得になる方法をきちんと考えておくことが必要です。

お得だという目先の言葉に踊らされてしまうと、損をしてしまうかもしれません。具体的な試算や専門家への相談をしっかり行い、生活に必須な負担を減らしてお得に生活を行いましょう。