オール電化より電気とガスの併用がお得?オール電化のデメリットとは

スポンサーリンク

「オール電化」は、電気代や光熱費を削減でき、家計が助かるお得な方法だと言われていますよね。

しかし、ここ数年は「ガスとの併用」のほうがお得だという意見が増えており、実際に、オール電化からガストの併用に切り替えている人も多いそうです。

オール電化のみのパターンとガスと併用するパターンのどちらの方がお得になるのか、オール電化に切り替える際に注意するポイントなどを知らないまま、ただ “オール電化はお得らしい!” という理由だけで、オール電化に変えてしまうと後々後悔することになるかもしれません。

そこでこの記事では、オール電化に興味関心がある方・オール電化を検討しているが分からない点が多くて悩んでいる方に向けて、オール電化の特徴やメリット・デメリットなどについて分かりやすく紹介していきます。

オール電化の特徴・メリットとは?

エアコン・お湯代が安くなる

オール電化の最大のメリットは、お湯を沸かすお金と暖房にかかるお金を抑えて電気代を安く抑えることができる点です。

オール電化向けの電気料金プランには、夜間帯の電気代が安くなるプランがあるので、料金が安い時間帯にエコキュートを利用してお湯を沸かしておくことで光熱費を節約することができます。

光熱費を電気に一本化できる

オール電化ではなくガスも使用しているご家庭では、電気代だけではなくガス代もかかりますよね。

オール電化にすることで、ガス代がなくなり電気代に一本化できるので家計の管理がしやすくなります

また、電気代だけになるので、電力会社や新電力の電気代が安くなるプランに加入すればさらに電気代を抑えることができるのでお得です。

安全性が高い

ガスを使用するご家庭は細心の注意を払っても火災のリスクがあります。

特に冬場の空気が乾燥する時期は危険ですよね。

しかし、オール電化の場合は火を一切使わないので火災のリスクは低くなります。ただ電気ストーブやヒーターなどを使用するのであれば、火災のリスクはあるので、“ゼロになる” というわけではありません。

十分に注意するようにしましょう。

自家発電した電気を自家消費できる

太陽光発電を屋根に取り付ければ、発電した電気をご自宅で使用することができます

昼間は発電した電気を使用し、夜間帯だけ電力会社から電気を購入する(買電)ことで、電気代を抑えることができます。

蓄電池を合わせて設置することで、夜間でも蓄電池に貯めた電気を使用することができるので電気代ゼロが実現ができるかもしれませんね!

震災時にタンク内の貯水を使用することができる

震災などで断水した場合、エコキュートや電気温水器のタンクに貯水している水をトイレやお風呂、洗濯などに使用する生活用水として使用することができます。

オール電化一括無料見積はこちら

後悔しないために知っておきたいオール電化のデメリット

初期費用が高い

オール電化にする場合、エコキュート・IHクッキングの導入が一般的です。その他に床暖房も合わせて設置する場合もあります。

エコキュートとIHを導入する場合、約60万円ほどかかると言われています。

分割払いができる業者や月々固定料金でエコキュートをリースしてくれる会社もあるので、オール電化を考えているけど初期費用を一括で払えない方は、分割払いなどを検討してもいいかもしれませんね。

都市ガスの基本料金は約900円なので年間約10,000円かかります。

さらに、エコキュートの月々かかる料金が1,000円に対してガス給湯器を使用すると6,000円かかります。

そのため、エコキュートを導入すれば年間6万円の節約になります。

基本料金とエコキュートへの切り替えで年間7万円を浮かられると考えると、初期費用60万円の回収年数は、約9〜10年になるでしょう。

そして、初期費用ではないですが、エコキュートの寿命は10〜15年なので寿命や故障の際は買い替えが必要だということを忘れずに、買い替え費用をシミュレーションし、準備しておくようにしてください。

電気代・光熱費

オール電化にしたからと言って必ずしも電気代が安くなるわけではありません

使い方を間違えると、導入前よりも電気代が高くなってしまうこともあります。

電気代を安くするためのエコキュートの使い方は、電気代の安い夜間帯にエコキュートを使用しお湯を沸かし、日中は沸かしたお湯を使う方法です。

万が一、

「夜間にお湯を沸かすのを忘れていた!」

「昼間にお湯が足りなくなって追加で沸かしちゃった……」

ということになってしまうと、電気代が割高になりかねません。

節約のためにオール電化を考えているのであれば、正しい使い方をして、電気代の無駄遣いをしないようにしましょう

停電時に機能しなくなる

オール電化の住宅では、全てが電気で動いています。そのため、災害などで停電になるとまったく機能しなくなります

災害や停電に強い家にするためには、太陽光発電や蓄電池を合わせて設置することをおすすめします。

スポンサーリンク

オール電化の弱点に打ち勝つために!

【対策①】太陽光発電の導入

太陽光発電を2019年から始めるのは得なのか損なのか

先ほども少し触れましたが、オール電化住宅のデメリットは電気代が高くなってしまうことや停電時に機能しなくなるということが挙げられます。

となると、暑い日や寒い日にエアコンをつけるのを我慢して無理やり電気代を抑えたり、停電すると復旧するまで近所の方に助けてもらったりする必要もあるかもしれません。

となると、快適な日々を送ることからは少しかけ離れてしまいますよね。

そこで、太陽光発電の出番です。

太陽光発電を導入することで、自家発電した電気を自家消費することできるので、その分電気代を浮かせることができます

さらにお得なのは、余った電気を電力会社に売れば、売電収入が得られること!

電気代が安くなるのに収入まで入ってくるなんて、家計に優しく、とても嬉しいメリットなのではないでしょうか。

しかも、万が一停電しても、自家発電していれば太陽が出ている時間帯は電気が使えます。

非常時も電気が使えるということがわかっているだけでも、安心して生活を送ることができますよね。

太陽光発電一括無料見積はこちら

【対策②】蓄電池の導入

蓄電池は電気を貯めるための箱のようなもの。

電気の性質上、川に流れる水のようにその場にとどまることができません。しかし蓄電池を使用することで電気を貯めることができ、使いたい時に使うことができるのです!

夜間帯や停電時でも蓄電池があれば電気を使え、普段と変わらない生活を送ることができます。

蓄電池の一括無料見積はこちら

【対策②】太陽光発電と蓄電池を導入

太陽光発電で発電した電気を蓄電池に貯めておくことで、悪天候時や夜間帯に発電した電気が使えます。

電気代が高い夜間帯に蓄電池に貯めた電気を使えば、電気代をさらに抑えることが可能です。

太陽光発電と合わせて導入するとよりお得になる電気料金プランもあるので、導入時には合わせて確認しておきましょう!

【対策④】ZEH化住宅

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことで、一般的な住宅に比べて省エネ基準を20%以上とし、太陽光発電・エコキュートの導入による創エネを実現した住宅のことです。

ZEH化住宅の場合、一般住宅の建設費用よりも250〜300万円ほど高くなりますが、補助金制度があるため(2019年度の補助金は終了)、利用すると約1/3の費用が抑えられます。

新たに、オール電化住宅の建設・購入を検討されている方はZEH住宅の建設・購入の方がおすすめです。

創エネによって作られた電気を売電することもできますよ。

政府も今後、2030年までには、全ての新築住宅の半数以上はZEH住宅することを目標としています。

2020年の補助金制度についての詳細はまだ発表されていませんが、最新情報を見逃さないためには、SII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)のホームページを随時確認するようにしましょう。

オール電化は電力会社のおすすめプランに加入したほうがお得

オール電化して、電気代とガス代を一本化したとしても、電気代が高額になりすぎると元も子もありません。

なるべく安く、できるだけ負担の少ない料金プランに加入し、電気代を抑えることをおすすめします。

オール電化には、夜間料金が安くなるプランが最適です。

今回は夜間の電気代が安いおすすめの3つの電力会社・新電力をご紹介します!

①カテエネ

カテエネ(中部電力)の評判

カテエネは、3つのナイトプランから生活リズムに合わせてプランを選ぶことができます。

(1)スマートライフプラン

22時〜翌8時までの電気代が安くなるプランです。

日中のデイタイムは、28.52〜38.71円/kWhですが、22時〜翌8時のナイトタイムは16.30円/kWhと約半分の料金になります。

日中お仕事で家をあける方におすすめのプランです。

(2)スマートライフプラン・朝とく

こちらのプランのナイトタイムは23時〜翌9時となっており、帰りが遅い方や夜型の方、朝お風呂に入ることが多い方向きのプランです。

(3)スマートライフプラン・夜とく

夜とくのナイトタイムは21時〜翌7時です。日中家を空けることが多く、なおかつ就寝時間が早い方におすすめです。

このようにカテエネには3つのプランがあります。

さらに使用料に合わせてポイントがたまり、ポイントを利用して電気料金を払うことができるので、とことん電気代を安く抑えたい方にはぴったりのプランです。

しかし、カテエネの供給エリアは中部・関東・関西エリアのみとなっているので、お住まいのエリアが対応しているのかを忘れずに確認しておきましょう。

カテエネ公式サイトはこちら

②エルピオ

エルピオでんきはの特徴は、ただただ “シンプルに安い!” ということ!

楽天でんきは電気料金の分も楽天ポイントがついたり、ENEOSでんきはガソリン代がお得になったりします。しかしエルピオでんきはこのような特典は一切ありません。

その分、電気代を安くすることに力を注いでいる新電力なんです!

スタンダードプランSに加入した場合、4人暮らしのご家庭だと14,500円も安くなります

プランも豊富なので、ライフスタイルに合わせてプランを選択することができるのは嬉しいですね!

供給地域は、北海道・北陸・沖縄を除く地域となっています。

エルピオでんきではポイントなどの特典はありませんが、12/31まではAmazonギフトカードが最大20,000円もらえるキャンペーンを実施中!

ご検討中の方は公式ホームページで無料シミュレーションができるので、ぜひお試しくださいね!

エルピオ公式サイトはこちら

③東京電力

東京電力

言わずとも知れた東京電力にもお得な夜トクプランがあります。

23〜翌7時の電気代が安くなる夜トク8と、21〜翌9時の電気代が安くなる夜トク12の2種類のプランがあります。

夜トク8の場合、基本料金1kWあたり214.5円に加え、7〜23時の間は32.74円/kWh、23〜翌7時の間は21.16円となっています。

夜トク12の場合は、基本料金1kWあたり214.5円に加え、9〜21時は34.39円/kWh、そして21〜翌9時の間は22.97円です。

新電力は多くの企業が参入し中には倒産してしまう会社もありますが、東京電力はそのような心配もありません。

安い電気料金プランにしたいけど、知らない会社で申し込みしたくないといいう方におすすめです。

東京電力の公式サイトはこちら

【一緒に使う方がお得?】オール電化とガスの関係

ガスとの併用で電気代がよりお得になる?

ガスとの併用は、一見するとコストが高いように感じますが、オール電化のみの場合とオール電化とガス併用の場合で比較すると、ガス代を加えたほうが安くなることがあるようです。

夜間に給湯などを行えば、非常にコスパがいい方法であることに変わりありません。エコキュートを使用することでガスの基本使用料が必要にならないため、オール電化のほうがお得になります。

しかし、ガスと電気のコスト単価を比べてみると、オール電化の昼間の電気代がより高額なのです。
このことを知らずにオール電化に切り替えてしまうと、かえって生活費を圧迫することになりかねません。

修学前のお子様がいるご家庭では、日中も自宅で過ごす時間が長いですよね。

その場合は、基本使用料などの差額を含めてもガスを併用したほうがお得になるそうです。

ただし、必ずしもオール電化とガスとの併用がお得になるというわけではありませんので、見積もりの段階でよく確認することが大切です。

オール電化でもガスとの併用でガスコンロやガス乾燥機が使える

ガスとの併用でメリットとなるのが、ガスコンロやガスストーブなどのガスを使った機器を使うことができることです。

オール電化の対応機器を買い揃えるとなると、購入費で赤字になる可能性もあります

ガスも使用できれば、使えるものはそのまま使えるので新たに購入する必要もありません。

オール電化からガス併用への切り替えはコスト・工事内容のハードルが高い

オール電化からガスとの併用の手続きに関して、特に制限があるわけではありません。

そのため、ガス管などの設備が残っていれば、手間がなく切り替えや併用を行うことができます。

ただし、オール電化に必要な「エコキュート」などは、単純に電気で動かすのではなく、専用機器・設備を業者によって取り付けてもらい、1つのシステムとして稼働させる必要があります。

そのため、オール電化からガスとの併用に切り替える場合、オール電化の設備を受け継いで使用するか、完全に撤去するのかを選ぶ必要があるそうです。

もちろん、オール電化の設備とガスを併用する事はできますが、周辺機器の維持費用などにより全体のメリットが小さくなってしまいます。

しかし、設備の撤去費用も高額なため、完全に撤去してしまうのもリスクが高い行為です。上手く活用できそうであればなら無理に撤去するのではなく、なるべく併用ができるようにするか、オール電化で運用を考えるのがおすすめです。

オール電化からガス併用への契約・変更事項はしっかり確認しよう

オール電化からガスとの併用へ変更する場合に大切なことは「契約事項の確認」です。

オール電化にするためには設備を揃えることも必要ですが、電力会社との契約時にどのような料金プランで、毎月どの程度の費用がかかるかシミュレーションしておくことです。

また、ガスとの併用を行うためにはオール電化の料金プラン等について解約を行わなくてはならず、場合によって解約金が必要になります

実際に、ガスとの併用を行っていた家庭がオール電化に変える場合に、契約していたガス会社から違約金を請求されることが多いと言われています。

契約事項に関して、エコキュートなどオール電化設備とガスとの併用を認めていない事例もあるので注意しましょう。

もし、気付かずにガスを使用していたら、違約金を支払うようにと催促されるというリスクを負うことになります。ですので、ガス管などの工事を行う業者と、ガスを供給する会社が異なっている場合は、各契約事項の確認と問い合わせをするようにしましょう。

【結論】オール電化にすると電気代は安くなる?高くなる?

オール電化は、生活スタイルによっては想定したよりも電気代を安く抑えるのが難しく、かえって負担が重くなる可能性があります。

実際にオール電化を導入する前には、損しないようにどのようなメリット・デメリットがあるのかを十分に知っておく必要があるのです。

オール電化が優れていると思いがちですが、電気を使用する時間・給湯器など電力消費量の多い機器の使用頻度などによっては、どのように利用するのが一番優れているかが変わります

場合によっては、ガスとの併用がお得になるのです。実際に、オール電化からガスとの併用へ戻す家庭も増えているといわれています。

そのため、自分や家族の生活スタイルに合せて、よりお得になる方法をきちんと考えておかなければなりません。

お得だという目先の言葉に踊らされてしまうと、損をしてしまいます!

あらかじめ、具体的なシミュレーションや専門家への相談をしっかり行い、生活に必須な負担を減らしてお得に、快適な生活を送りましょう。

まずは無料見積もりをしてみてくださいね♪

オール電化一括無料見積はこちら

スポンサーリンク