長州産業の太陽光パネルは業界最高の保証内容で満足度が高いと評判!

地球温暖化が進むにつれて、太陽光を含めた再生可能な自然エネルギーの活用が現在非常に注目されています。

この自然エネルギーの中でも家庭用に利用したり、投資を目的として利用されることが多いのが太陽光エネルギー。

太陽光エネルギー発電システムの開発は、各メーカーがしのぎを削っていますが、その中でも安定した人気を誇っているのが長州産業の太陽光発電システムです。

長州産業の太陽光発電システムは、なぜ人気があるのでしょうか?ここでは長州産業という会社の歩みと、長州産業が発売している太陽光発電システムの特徴やメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

また、長州産業が販売している太陽光発電システムをタイプ別に紹介しているので、今後導入を検討されている場合には参考にされてください。

長州産業の蓄電池を解説した記事はこちら

長州産業の蓄電池の評判や口コミを集めてみた|特徴を解説!

長州産業のこれまでのあゆみ

長州産業とは、山口県山陽小野田市に本社を置く企業で、1980年に住宅に関連する機器の製造と販売を目的として設立されました。

その翌年の1981年に本格的に操業を始め、ソーラーシステム、石油瞬間給湯器、焼却兼用風呂釜、太陽熱温水器、ソーラーシステムの生産を開始します。

1983年には大阪府の茨木市に大阪営業所を設立して販売網を拡大していき、1984年には高度な先端技術を習得するために日電アルバ(株)に社員を派遣します。

また同年には、日本工業規格表示許可工場の認可も受けています。

その後、業務用ボイラーの販売やメカトロ部門を拡充強化、電気温水器の販売開始や濾過式循環水温水器「湯ったりくん」の販売開始などを経て、1998年に初めて太陽光発電システムの販売を開始しました。

この太陽光発電システムに続いてエコソーラーシステムの販売を開始し、2002年にはエコキュートの販売も開始しています。

また、2009年には太陽電池モジュール(多結晶タイプ)の生産を開始するなど、太陽光を利用した発電やエコ関連の製品を多く手掛けています。

長州産業の太陽光発電システムの2つの特徴

長州産業

長州産業の太陽光発電システムには、いくつかの大きな特徴があります。

ここでは、長州産業の太陽光発電システムの特徴について解説していきます。

①製造を自社で一貫して行っている

長州産業の一番大きな特徴は、太陽光パネルなどの生産を海外のメーカーに頼ることなく一貫して日本国内の自社工場で生産しているという点にあります。

山口県にある自社工場を中心に、セルの研究や開発、製造と組み立てなどの太陽光パネルの生産の全ての業務を一貫して行っています。

このように製造と開発、それぞれの部門を同じ場所に置くことにより、両者の緊密な連携と高度な品質を維持するための体制を維持しています。

②雨漏り保証が業界最長

太陽光発電システムを設置した場合、一般的に雨漏り保証を行うのは施工業者です。

しかし長州産業は10年という長期に渡って雨漏り保証をしてくれる太陽光発電システムメーカーの中では非常に珍しい存在。

長州産業の太陽光発電を設置して雨漏りが生じた場合には、まずは施工業者が補修などを行います。

万が一設置を依頼した施工業者が倒産などの理由でなくなってしまった場合でも、長州産業というメーカーが雨漏りの補修などを行ってくれるため、安心して設置することができます。

長州産業の太陽光発電システムの保証内容とは

長州産業の太陽光発電システムには、保証がついています。

しかし、部品や部位によってその保証期間は異なります。

ここでは、長州産業の太陽光発電システムを設置した場合の保証内容と期間について詳しく解説していきます。

施工保証(雨漏り保証を含む)は最低でも10年

長州産業の太陽光発電システムを設置すると、長州産業というメーカーが施工保証をつけてくれます。

施工保証とは、雨漏りなど施工後に起こった不具合に対するサポートを行ってくれるというものです。

メーカーが施工保証をしてくれるケースは少ないため、このような保証がついている長州産業は「保証に強い」メーカーであると言えるでしょう

ただし長州産業が指定した業者以外に設置を依頼していたり、同じく長州産業が指定した架台を使用していない場合にはこの保証を受けることができないため、注意しましょう

構成機器は15年保証

長州産業の太陽光発電システムを設置した場合、機器の保証は15年となっています。

対象となる機器は接続箱、延長ケーブル、取付架台、パワーコンディショナーです。

無償で15年の構成機器の保証を行ってくれるのは、Panasonicと長州産業のみですよ。

他のメーカーの場合10年保証が一般的で、その後5年間保証を延長することができるケースもありますが、そのような場合には有償保証になることがほとんどです。

このような理由から、機器保証の面では長州産業の太陽光発電システムは非常に優れていると言えるでしょう。

ただし、リモコンとカラーモニターセットについては2年保証となるため注意しましょう。

モジュール出力は25年保証

モジュール出力に関しても、長州産業の太陽光発電には25年もの長期にわたる保証がついています。

ただしこれには条件があり、電力会社との間で電力の需給を開始した日から10年の間は出力が公称最大出力に対して81%未満になった場合、11年目から25年目の間は出力が公称最大出力に対して72%未満になった場合に保証を受けることができます。

保証の内容は、太陽光発電システムの修理や部品の交換などです。

長州産業の太陽光システムの特徴をタイプ別に解説

長州産業の太陽光システムには、大きく分けて3つのタイプがあります。

ここでは、長州産業の太陽光システムをタイプごとに紹介していきます。

①Gシリーズ

Gシリーズはリアエミッタヘテロ接合構造セルを採用し、複数の種類のセルを組み合わせることにより広い範囲に及ぶ太陽光を電気に変換します。

従来の製品と比較した場合に、送電時と発電時の電力のロスを低く抑えることができるという特徴も持っています。

②HITモジュール

HITモジュールに使用されているHIT太陽電池は、PanasonicからのOEM製品。

結晶系基盤とn型およびp型のアモルファスシリコン層の間にi型アモルファスシリコンを形成するという構造になっています。

このHITモジュールは三田ハイブリット構造を採用しており、電荷消滅の低減を実現した製品となっています。

③単結晶Bシリーズ

単結晶Bシリーズは従来の製品ではカットされていた波長の太陽光も透過することができる太陽光パネルを採用しているため、コンパクトでなおかつ軽量であるにもかかわらず大出力を誇る太陽光発電システムとなっています。

発電効率が優れているため、非常に高いコストパフォーマンスを実現しています。

長州産業の太陽光発電システムを選ぶメリットとデメリット

メリット・デメリット

長州産業の歩みや特徴、保証内容や各製品の特徴についてここまで解説してきました。

長州産業の太陽光発電システムについての概要をご理解いただけたと思います。しかしどのような製品であってもメリットのみがあるわけではありません。

ここでは、長州産業の太陽光発電システムのメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

長州産業の太陽光発電システムのメリットには、以下のようなものがあります。

①太陽光パネルは全て日本国内で生産

前述したとおり、長州産業の太陽光発電システムに用いられる太陽光パネルは全て国産の自社工場で開発から組み立てまでの全工程を行っています。

そのため、厳密な製品チェックが行われていることから高い性能を発揮することができます。

また海外産の太陽光パネルは船便で運ばれ、その環境下で太陽光パネルの性能に悪い影響が及ぶこともありますが、日本国内で製造された長州産業の太陽光パネルはそのような性能の劣化の心配もありません。

②充実の補償内容

長州産業の太陽光発電システムには、しっかりとした保証がついていることは前述しました。

特に施工保証に関して言えば、メーカーとしてこの保証を行っているのは長州産業のみとなっています

また機器保証に関しても業界最長クラスの保証期間が設定されているため、設置後に太陽光発電システムに異常が生じた場合にも保証期間内であれば修理や部品の交換などを行ってくれるので、安心して使い続けることができます。

③高性能な太陽光パネル

長州産業の太陽光発電システムに使用されている単結晶シリコンパネルは、国内ナンバーワンの変換効率を誇っています

SHARPや東芝のメーカーの単結晶パネルは、アメリカのサンパワー社から調達しており、またPanasonicはハイブリット太陽電池を採用しています。

長州産業は自社製造ならではのフルスクエアセルという工夫を太陽光パネルに施し、それ以外にもさまざまな独自の技術を開発して、高性能な太陽光パネルを製造しています。

デメリット

長州産業の太陽光発電システムのデメリットには、以下のようなもがあります。

①初期費用が高額になる

日本国内の太陽光発電システムのメーカーの太陽光発電システムと長州産業の太陽光発電システムの初期費用を比較した場合、長州産業の太陽光発電システムがとびぬけて高額であるということはありません。

しかし海外メーカーが製造した太陽光発電システムと比較した場合には、本体価格の違いから初期費用に大きな差が出てしまいます

しかし、長州産業の太陽光発電システムには国内産という面や、長期に渡る保証がついているということから、安心感があるためコストをとるか安心感をとるかという判断で太陽光発電システムを購入する必要があります。

②販売業者が高額な価格設定をしている場合もある

長州産業は社名こそあまりメジャーではありませんが、前述したように真摯に太陽光発電システムの開発に取り組んでいるメーカーです。

しかし、長州産業の太陽光発電システムを販売している業者の中には、保証の充実度や太陽光発電システムの性能の高さを消費者に解説したうえで、相場よりもかなり高額で販売している業者がいることも事実です。

長州産業の太陽光発電システムは非常に性能が高いため、高額でも購入してしまう方もいらっしゃいますが、後で後悔しないため1社だけではなく数社から相見積もりを取って製品の相場を知り、一番良心的な業者から長州産業の太陽光発電システムの購入を行い、設置を依頼するようにしましょう。

タイナビなら登録されているのは優良業者のみ!/

▷無料一括
見積もりはこちら

太陽光発電で騙されないためのメーカー選びを解説した記事

太陽光発電業者の選び方と評判の悪い悪徳業者を見極める方法

まとめ

ここまで長州産業の太陽光発電システムについて解説してきました。

長州産業の太陽光発電システムについて、理解を深めていただけたと思います。

長州産業の太陽光発電システムの最大の強みは、「太陽光パネルを開発から製造までを一貫して自社で行っている」ということと、「保証内容が充実している」という2点からくる安心感です。

また、独自に開発した技術による高い発電効率も魅力のひとつでしょう。

ここで記述した長州産業の太陽光発電システムの特徴や、メリットとデメリットなどをしっかりと把握したうえで、太陽光発電システムの導入を検討する場合には長州産業の製品も念頭に置いてみてはいかがでしょうか。

1分で相見積もりができる!

▷無料一括
見積もりはこちら