【太陽光発電の費用とデメリット】付ける?付けない?費用対効果を検証

太陽光発電を設置する上で、費用対効果を得られるかという考え方が大切なことをご存知でしょうか?

費用対効果とは、費用をかけた分に対して、どれだけの効果(収益等)が見込めるかということです。

太陽光発電は何も考えずに導入すると、コストがかさみ費用対効果から見てデメリットになる可能性があります。また、デメリットを抑えて費用対効果を高めるには、初期費用・維持費用・売電収入に注目することが大切です。

これらの特徴・現状をよく理解上で、太陽光発電を導入すれば、費用対効果を得られる可能性が高まるだけでなく、長期的に運用するにあたって収支バランスを安定化させるポイントも把握できます。

そこで、太陽光発電の費用対効果に焦点を当て、初期費用や維持費用の概要や抑えるポイント、売電収入により元がとれるのか解説していきます。

下記の記事もおすすめです。

太陽光発電メリットとデメリット!売電価格は下がる一方で設置は損か得か

太陽光発電システムの初期費用や回収方法

新築の太陽光発電導入率は4割

新築される住宅のうち4割の住宅に、太陽光発電システムが導入されていると言われているそうです。「確かに周りを見ると半数程度の家には屋根の上に太陽光パネルが…」、実はわが家も新築時に太陽光パネルを約10kw載せました。34.56円/kwの全量買い取りです(2015年3月までの契約)。

個人的には太陽光パネルやパワーコンディショナーのメーカーによって、それほど発電量や変換効率に差があるとは思っていません。それよりも屋根の方角や勾配など、太陽光が当たる条件によって変わるのではないかと考えているので、新築時は太陽光導入には最適な機会なのは間違いないと思われます。

まだ半年も住んでいないので。付けて良かったのかどうかは分かりませんが、今のところ晴れている日ならば1日40~45kw程度は発電しているようです。雨だとほぼ発電しませんが曇っている日で15~25kwくらいです。

計算すると月だいたい3~5万円の売電収入ですので、順調にいけば10年以内に初期費用を回収できるのではないかと思われます。

【太陽光発電が0円?】初期費用無料で設置できるカラクリ

太陽光発電の設置費用を下げるには

太陽光発電システムの初期費用は1kwあたり30万円台前半が妥当と思われますが、パネルの量が増えるほど1kwあたりの単価が安くなる傾向のようです。

つまりパネル枚数が少ない程、割高になるということです。相場としては光熱費ゼロを目指す3kwの場合で工事費込み約130~180万円、少し売電できる程度の5~6kwで160~200万円、10kw以上になると300万円~くらいです。

設置費用を下げる場合は他社との競合が最も効果的です。新築の場合は工事の兼ね合いがあるので一概には言えませんが、既築住宅の場合、数社から相見積もりを取ることは費用削減効果があるでしょう。

太陽光発電一括見積りからさらに値下げをして最安にする方法 太陽光発電見積もりサイトを徹底比較!一番安い費用・料金の業者がわかる

電力自由化で初期費用をより抑えられる会社を選ぶ

2016年4月から電力が自由化されました。わが家にも電力自由化について説明にどこかの営業の方が来られて、ぜひシミュレーションさせてくださいと言われましたが、その時はまだ入居後1カ月も経っておらず比較するものがないのでお断りしました。

電力も選べる時代が来たので、携帯電話会社のように数年ごとに乗り換えることなどもありではないしょうか。

ただ、面倒な気もしますが、初期設置費用がそれほど抑えられなかった場合は、よりお得な契約先を選べるのはいいですよね。契約先によっては携帯代やガソリン代など他の費用とのセット割引なども可能なサービスもあり、今後も期待できますね。

電力自由化のメリット・デメリット!新電力の乗り換えは損か得か

太陽光発電システムの維持費用

パワコン寿命は10年程度なので維持費用コストが高くなる

太陽光パネルで発電された電力を、交流電力に変換する装置がパワーコンディショナーです。1台あたり約3~5.5kw容量があるので、売電目的でなく家庭で使うためだけなら1台で十分でしょう。

1台当たりの価格は10~35万円と幅があり、容量が増えるほど高額となります。

10年に一度交換となると維持費用がかなり心配されますが、そのころには性能がもっと上がって価格も下がっているのではないかと言われていますが、大容量のパネルが載っている場合はパワコンも台数が必要ですので、10年ごとに数十万円の出費は痛いですね。

太陽光発電のメンテナンス料金と維持管理にかかる費用相場

太陽光発電の買取制度

住宅用太陽光(10kW未満)
  平成28年平成29年平成30年平成31年
買取価格出力制御対応機器
設置義務なし
31円
kWh
28円
kWh
26円
kWh
24円
kWh
出力制御対応機器
設置義務あり
33円
kWh
30円
kWh
28円
kWh
26円
kWh
買取期間10年間10年間10年間10年間
産業用太陽光発電(10kW以上)
 平成27年平成28年平成29年平成30年平成31年
買取価格(税抜)27円
kWh
24円
kWh
21円
kWh
18円
kWh
未定
買取期間20年間20年間20年間20年間 

余剰買取と全量買取の2つの売電方法がある

太陽光発電の売電のしかたには、主に10kw未満の契約の余剰買取、10kw以上の全量買取(余剰買取の選択も可)2種類があります。

全量買取の方が売電収入が高くなりますが、夫婦共働きなどで昼間の電気をあまり使わない家庭では、余剰買取でも一定の売電収入が期待できるでしょう。

余剰買取は自分の家の光熱費がまかなうだけで十分と考える方、災害時などの停電に備えておきたい方に多く、全量買取は太陽光発電による収入を得て、ローン軽減を目指す方に多いようです。

余剰買取のメリットとデメリット

余剰買取のメリットとしては、自分の家で発電した電気を使うことができること、蓄電池を設置すれば夜や災害時も電気が使えることが大きいと思われます。

デメリットとしては、まず全量買取に比べ固定価格での売電期間が10年と短いことが挙げられます。あとは蓄電池の利用やエネファームなどガスによる発電との併用、電気自動車によって蓄電機能を利用する場合などに買取価格が1kwhあたり4~5円低くなることです。
エネファーム導入の費用相場とメリット・デメリット

しかし、自給自足のためであれば、デメリットの部分はあまり気にされない方も多いかもしれません。蓄電池によって災害時に電気が使えるということで、東日本大震災以降東北などではこの方法が多く選ばれているようです。自給自足を目指すエコな人には最適な買取方法です。

全量買取のメリットとデメリット

全量買取のメリットは固定価格での売電期間が20年と長いことが最も大きいようです。2018年6月現在の消費税率は8%ですが、10%になった場合10%の消費税が受け取れます。

消費税の納税義務は年間売上高1千万円以上なので、一般家庭の場合は納税義務がなく消費税分まるまる得することとなります。ただ、今後変更される可能性も否めないとは思うのですが…。

デメリットとしては、固定買取価格が平成30年度は18円になり、遂に余剰電力の買取単価26円と8円もの差が開いてしまいました。また、20円台を切ると収支バランスが非常に厳しいです。

更に、自治体などの補助金制度が10kw未満と限定されていることが多いこと、蓄電池が付けられないので非常用電源としては確保できないことと、屋根の形が限定されてしまうことでしょうか。

正直なところ私は急こう配の片流れの屋根にはできればしたくなかったのですが、主人が太陽光を付けるなら10kw以上がいいと言うのでそうしました。太陽光のために好きな外観にできないなど、デザインが限定されてしまうのは残念なことかもしれません。

売電収入により元は取れる?

出力制御されることによって売電収入が下がる可能性

2015年4月より、東京・中部・関西電力管轄以外の7電力会社の地域に、発電設備に出力制御対応装置という機器の設置が義務付けられることとなっています。これは電力の供給量が需要量より大きくなった場合に電力会社によって売電を制御される装置で、パワコンに接続されるようです。

しかも、原子力発電は再生可能エネルギーより供給が優先されるとの情報もあり、今後原子力発電所の再稼働があれば供給量が増えた場合、制御が頻繁に起きるのかも懸念されます。それなのに制御装置は契約者負担だそうなのです。対象地域の買取価格には2円上乗せされているようですが、なんだか納得がいきませんね。

余剰買取の費用対効果

積載量や家族の数、生活リズムによって違いがあると思われますが、1年分の電気代相当の金額は浮いてくると考えられます。ですから、うまく節電すれば月々数千円~1万円程度の収入が得られるのではないでしょうか。

また、昼間は留守で電気を使わない家庭であれば、さらに売電収入も期待できると思われます。

他にも、要るはずだった電気代+売電収入でひと月に2万円近く得をした人もいるようなのですが、これは買取価格42円などの時期に導入した場合だと思われます。ただ2018年で1kwhあたり26円となっているので、一月当たり光熱費が減少する程度の効果だと考えても、買電価格も同時に高くなっているので収支バランスの調整を定期的に行えば、費用対効果も見込めるでしょう。

なので、買取価格は落ちても、月々の電気代には貢献しますのでトータルとしても損にはならないのではないかと個人的には考えています。

全量買取の費用対効果

こちらは発電量が大きくなる分、初期費用の回収は10年あればできることが多いと思われます。わが家の場合は10kw強ですが北側道路に面しており、南にはさほど離れず家があります。

それでも、良く晴れた月は5万円以上ありましたし、冬場などのことも考え少なく見積もって月平均3万円ほどとすると、年間36万円と考えて10年あれば元が取れる計算になります。

10年目以降のパワコンの交換や太陽光パネルのメンテナンスなども考えると一概には言えないかもしれませんが、20年間は固定価格での買取となるので、20年目以降の売電をないものと見ても損にはならないのではないかと考えています。

太陽光発電費用のまとめ

  1. 太陽光発電システムの初期費用は1kwあたり24~35万円程度
  2. 初期設置費用を下げるには相見積もりが最も効果的だと思われる
  3. 電力自由化になっているのでお得な契約先を選ぶ
  4. 10年ごとにパワーコンディショナーの交換費用1台当たり10~35万円程度や、その他のメンテナンス費用も想定しておいたほうが良い
  5. スマートメーターが導入され、10年ごとのメーター交換費用は不要となった
  6. 全量買取では消費税がプラスされて入金される

結果、私としては予算が許すのであれば新築の場合は太陽光発電を付けたほうがお得なのではないかと思います。太陽光発電の費用対効果だけでなく、家全体の維持費用などについてもよく検討の上、後悔のない選択をしてくださいね!