雪国での太陽光発電発電量は減る?積雪がもたらす被害と対策

太陽光発電設備を導入して、心配になることといえば雪ではないでしょうか。特に日本海や積雪の多い地域では、1m単位で屋根に雪が積もるケースは珍しくありません。従って住宅の屋根や野立てで太陽光発電を設置した方にとって、雪による被害は避けたいものです。

また、雪の多い地域に限らず、雪が降る地域全てにいえることですが、雪が降れば基本的に太陽が出ることはありませんので、発電量は0になるのではないかといった疑問も湧きます。しかし、太陽光発電の発電量や積雪被害などについて、色々と知らないことが多く判断に迷うことでしょう。

そこで今回は、雪の日の太陽光発電における発電量と、積雪によってどのような被害が起きるのか解説します。また、積雪被害の対策についてもいくつか紹介していきます。雪は積もると非常に重いので、これから太陽光発電を設置する方は積雪被害について考える必要があります。

雪が積もった場合の太陽光発電の発電量について

まずは、雪が積もった場合の発電量について、例を交えて紹介していきます。一般的なイメージですと、雪の日は雨や曇りの日と比較して、更に太陽光発電が稼働しないと考えるでしょう。確かに、晴れの日と比べれば、それ以外の気候の場合発電量は下がります。しかし、実際にはイメージと違う結果が出るので、データなど客観的な資料を確認するようにしましょう。

積雪があっても太陽光発電は稼働する

結論から説明しますと、太陽光発電設備は雪の日であっても発電可能といえます。仮に太陽光パネル1面に雪が積もってしまった場合や、長時間雪が降り注いでいるとなると雪かきをしてもすぐ積もるため、発電は期待できません。

ただし短期間の積雪であれば、太陽光発電は稼働するので発電は期待できます。例えば、年間降雪量200cm以上の豪雪地帯は、年間の太陽光発電量は全国と比較して低いですが、それでも冬場の12月~2月に平均の5割程は発電が記録されています。

このように、雪の多い地域であっても晴れの日はありますし、一定の発電量は見込めるので太陽光発電を活かすことはできます。

太陽光発電設備が積雪に対してどのような影響を受けるのか


前述のように雪の多い地域であっても、太陽光発電は見込めるということが分かります。しかし、発電以外に積雪被害という側面で気を付ける必要があります。住宅向けもしくは野立ての場合でも、太陽光発電設備を設置する予定がある方は、積雪被害について知っておきましょう。

雪の重さによって太陽光発電設備が故障することがある

1つ目は、雪の重さによって太陽光パネルの故障や、金具が折れるといった被害が発生しやすくなります。太陽光パネルの重さは、1枚辺り15~20㎏の重量があり屋根に設置していた場合、数10㎏の重量が掛かっているということです。

その上に、1㎥辺り500㎏程まで
の重量となるので、数トンの負荷となります。住宅自体に大きな負担となりますが太陽光発電設備にも大きな負担となるので、場合によっては太陽光パネルが割れるといった故障に繋がります。

また、金具が住宅の屋根にめり込んで、屋根に穴を空けるといった被害まで拡大する可能性もあります。

屋根に太陽光パネルを設置する場合は落雪に注意すること

住宅用に太陽光発電を設置する場合、屋根に太陽光パネルを設置しますが雪の多い地域ですと。屋根に落雪防止の設備が付いていることが多いです。

そこで、人によっては落雪防錆を外して、屋根いっぱいに太陽光パネルを設置する場合があるでしょう。しかし、それは非常に危険なので控えます。落雪防止設備がないと、落雪時に人へ直撃するといった事故に繋がりますので、安全面を最優先して落雪防止設備は付けておきましょう。

野立てなど自宅から遠い場所に設置している場合積雪によってたどり着けない

太陽光発電設備は、屋根に設置するタイプだけではありません。野立てと呼ばれる地面に太陽光発電を設置する方法もあります。主に土地付き太陽光発電投資や法人などで用いられていますが、こちらも積雪被害に遭う可能性があります。

それは、太陽光発電設備の地域まで、積雪でたどり着けない可能性があることです。一般的に野立ての場合、発電量を確保するために広い土地を活用しますが、その影響もあり交通の便が良くない地域や山地など、雪が積もっても除雪されない地域に設置しやすいです。

ですので、雪下ろしや設備点検のために向かおうとしても、道中の雪によってたどり着けないという弊害が考えられます。

積雪被害から太陽光発電設備を守るためにできる対策


主な積雪被害については理解できたでしょう。それでは、ここからは積雪被害を少しでも軽減するための対策について紹介していきます。積雪被害で代表的なものは、雪の重さによる設備の変形や故障、積雪による目的地へたどり着けないことなどが挙げられます。

様々な積雪被害があり、ついムリをする場合がありますが安全優先で雪に対する処理を行うことが大切です。

屋根から落雪を防ぐために太陽光パネルの設置を減らす

前述でも触れましたが、屋根に太陽光を設置する場合に雪の多い地域ですと落雪防止設備を付けているケースがあります。その場合、落雪防止設備によって太陽光パネルの設置枚数が減りますが、落雪による事故を防ぐためにはやむをえません。

間違っても落雪防止設備が0の状態で、太陽光パネルを設置しないようにしましょう。ちなみにですが、太陽光パネルを設置することによって、更に滑りやすく遠くに飛ぶので落雪事故の危険性が増すことがあります。ですので落雪防錆設備は必要です。

ムリに雪下ろしをせず発電した日の熱で雪が溶けるの待つ

屋根や野立てに共通しますが、太陽光パネルは多かれ少なかれ雪が積もります。人によっては、自力で雪下ろしをして少しでも発電量を稼ごうと思う場合もあるでしょう。しかし、雪下ろしによって引き起こされる事故があるので、ムリな雪下ろしはやめましょう。

太陽光発電では、少しでも太陽光が当たればその部分は発電しますし、更に熱も発生するので徐々にですが雪が溶けていきます。また、場合によって変わりますが、一般的に雪下ろしをしてもしなくても、住宅向けの場合一か月の損失が1万円以下に抑えられます。
また、野立ての太陽光発電設備の場合は、自力で手が届く範囲もあるのでどうしても雪下ろしたいと考える場合もあるでしょう。その場合、もし遠方に発電所があれば必ず行先と帰宅時間を友人や家族に伝えておきましょう。

何か異変が起きたら、家族などが救急連絡を入れやすくするためです。他にも防寒装備は勿論で、必ず複数人で行い安全確認と協力が不可欠です。また、雪下ろしを行う場合は手が届く範囲にとどめて、ムリに上らないようにします。野立てといえども太陽光パネルの頂点付近から落下すれば事故に繋がります。

太陽光発電設備が雪に直接当たらない位置に設置されているか確認すること

この対策は、夏場など積雪が起きる前、そして設置時に確認しておくことです。太陽光パネルは、雪が降るだけならば故障しませんが、パワーコンディショナなど周辺機器は雪によって故障する可能性があります。

また、パワーコンディショナや集電箱、配線が集中している部分は、積雪や雪が直接当たらないように細心の注意を払います。できれば、設置工事前に担当者と相談して設置場所について検討することが適切です。

パワーコンディショナは、全交換で数10万円以上しますし、どれか1つでも故障すれば太陽光発電設備全体が稼働できない状態になります。そうなれば、積雪による発電量低下よりも大きな損失となるので、周辺機器の設置場所はよく確認しておきましょう。

雪が積もったとしても太陽光発電は行われるが他の積雪被害対策が必要

積雪による、発電量の低下は場所にもよりますが、0にならない可能性もあるので雪の多い地域も太陽光発電を設置するメリットはあります。しかし、雪の重みによる太陽光パネルの破損や、屋根とパネルと繋げる金具の破損による屋根への直接的な損害リスクはあります。

また、野立ての太陽光発電設備の多くは、遠方でへき地に設置していることがあります。土地の広さや太陽光の辺り具合などの関係もありますが、積雪時には目的地周辺の除雪が行き渡っていない可能性もあるので、冬場の管理が大変です。

太陽光発電と雪による被害は、発電量と思いがちですが実際は重量による太陽光パネルや周辺機器の破損、落雪事故の危険性など他の側面で発生しやすいといえます。従って、積雪被害の対策は、広い視野を持って行いつつ安全優先も忘れないでおきましょう。

暑い地域や天候による発電については次の記事が参考になるはずです
太陽光発電は沖縄のような暑い夏が有利?北海道の寒い冬には発電量が激減するのか太陽光発電は天候に左右されて発電できないのでは?【太陽光発電投資Q&A】