停電時に非常用電源となるなど災害時に役立つ太陽光発電のメリット

平成30年9月6日の北海道胆振東部地震以前と以後では、多くの方が災害に対する意識が変わったことでしょう。1つは、地震に対する備えです。地震大国の日本では、耐震性能を備えた住宅や比較的災害に強いインフラにしていたことから、地震が来ても比較的被害が抑えられてきました。

しかし、平成30年北海道胆振東部地震では大きな揺れから、多くの地域で多大な被害を受けました。この経験から、地震に対して油断してはいけないという、心構えに変化が起きたことでしょう。

そしてもう1つは、インフラが停止するという事態について備えなければいけないということです。平成30年北海道胆振東部地震では、震度7を観測した厚真町や、震度6弱のむかわ町など被害の大きかった地域では、少なくとも1週間以上の停電期間が発生したことから、深刻な電気不足に陥りました。

国や自治体でさえも手が回らなくなる、大規模災害時には各個人ができる範囲でエネルギー対策をしておく必要があります。その中でも災害時に太陽光発電はメリットとして働きます。

しかし、太陽光発電のメリットといっても、一般的には売電収益が発生することや節電に繋がるといった、通常使用時のイメージのみで災害時のメリットは分からないことも多いです。

そこで今回は、災害時に太陽光発電を使うことで得られるメリットや災害時の使用方法、太陽光発電をどのように使用することで災害時にメリットとなるのか解説していきます。

太陽光発電のメリットは災害時の停電に対応できる

冒頭でも説明しましたが、近年の日本は水害や地震災害など様々な災害が起きており、個人レベルでも可能な範囲で電気に関する対策を取っておく必要があります。その1つが、太陽光発電で災害時に使用することが、様々なメリットが得られることを知っておくことが大切です。

まずは、災害時に太陽光発電がどのようなメリットを生み出すか解説していきます。

災害時に停電が発生しても太陽光発電で電源供給できる

災害時に役立つ太陽光発電のメリット1つ目は、停電時に家庭用電化製品や電子機器に電源供給を続けることが可能という点です。災害時といっても自治体や国が動くので、いずれ電気やガス、水道が復旧する見込みはありますが、だからといってすぐ電気の供給などが復活するとは限りません。

2011年の東日本大震災で宮城県の多くの地域では、電気の復旧まで3日から1週間は掛かっています。また、東京電力などの管轄地域では、福島原発の故障及び他の原子力発電所の稼働停止によって、計画停電が実施されました。計画停電とは、各世帯の消費電力を抑えるために、東京電力などが実施した電力供給の制限措置で、多くの世帯が一時的に電気の使用を抑えられる事態となりました。

大規模災害時の停電は、早くとも数日は掛かりますし発電した電力が不足すると、時に計画停電が実施される場合があります。

このように電気の使用が制限される時に対して、太陽光発電を保有していることで大きなメリットとなります。太陽光発電装置は、災害時や電力会社による計画停電時でも晴れてて太陽光が出ていれば発電した電気を使用することが可能です。ですので、太陽光発電で冷蔵庫やテレビなどに電力供給ができ、自宅で避難生活を送ることができます。

ただし、災害時に太陽光発電が故障した場合は別ですので、災害時に故障しないような対策や、日々の保守点検が欠かせません。

1500wまでなら災害時の停電でも太陽光発電で賄うことができる

災害時に太陽光発電を使って電源供給ができることが大きなメリットですが、利用する際のポイントとして賄うことができる電力量についても知っておく必要があります。

後述でも紹介しますが、災害時に太陽光発電を利用するためには、自立運転モードへ切り替える必要があります。そして、自立運転モードへ切り替えると、パワーコンディショナに搭載されている自立運転用のコンセントから太陽光発電で発電した電気のみを利用することができます。

そして、パワーコンディショナ経由で利用できる電力量は、1500wですのでパワーコンディショナ1台を実装していると自宅で1500wまでの電気を使うことができます。具体的には、1500wまでの消費電力を使うことができるので、冷蔵庫や炊飯器などの家電製品、スマートフォンの充電などは同時に使用することができます。

太陽光発電というと、ちょっとした電子機器の充電にしか使えないというイメージと捉えている場合もあります。しかし、実際は災害時に太陽光発電とパワーコンディショナ1台辺り1500wまで電力を消費することができる点は大きなメリットといえるでしょう。

ただし、エアコンやオーブンレンジといった、大きな電力を消費する電気製品についてはパワーコンディショナ1台のみで使用した際に、1500wを超える可能性があるので気を付けた方がいいでしょう。ちなみに、1500wの消費電力を超えると電気が遮断されます。

災害時の停電では冷蔵庫の稼働停止による食品の劣化を太陽光発電により防ぐ

災害時に太陽光発電を使って電気を供給する際は、冷蔵庫も使うことができるので食品の劣化を防ぐことができる間接的なメリットが見込めます。

災害時のリスクの1つは、停電による冷蔵庫の稼働が停止することによる食品と飲料の劣化です。大規模災害時となると、1週間以上停電が続く可能性もあるので冷蔵庫の中に保管している生鮮食品が腐ってしまいます。

ですので、太陽光発電で発電した電気を冷蔵庫へ電源供給可能なことは、大きなメリットといえるでしょう。自宅避難時は、食品や飲料品をいかに劣化させないように少しずつ消費するかが重要となっています。そのためにも冷蔵庫の稼働を停止させないようにできる、太陽光発電の役割は大きいです。

太陽光発電で電力供給が可能なのでテレビなどが使えれば情報収集も可能

大規模災害時に重要なことは、物資だけではありません。災害が発生したことによる二次災害や復旧状況、自身が住んでいる地域についてどのような情報が発信されているか常に情報収集できる環境を構築する必要があります。一般的には、手回し式の充電ラジオや、乾電池式のラジオなどが非常用に必要な物として紹介されていますが、太陽光発電のメリットを活かせばテレビの視聴も可能です。

太陽光発電の自立運転モードでは、1500wまでの消費電力に対応可能なので小型から中型のテレビまでなら、太陽光発電による電気で視聴できます。ただし、電源を入れた時に大きな電流が一時的流れる、大型テレビなどの使用は複数の機器を使用している時に1500wを超える可能性があるので避けたほうがいいです。

太陽光発電を設置しているだけで、テレビが見られるということは災害発生時に貴重な情報源を得られることに繋がります。これは大きなメリットなので、災害時に太陽光発電が活かせる事例の1つとして覚えておきましょう。

蓄電池と組み合わせることで使いたい時に使うことができる

災害時に太陽光発電を活かすことができるのは、大きなメリットですが蓄電池と組み合わせることで更に効率的な使用方法が可能となります。蓄電池なしで太陽光発電を使用する場合は、電気を貯めることができないので発電している時だけ家電製品などの稼働ができますが、夜間などは電気の使用ができません。

そこで、太陽光発電に蓄電池を組み合わせることで、日中に電気を貯めておいて夜間に照明などに使用できます。また、最近ではパワーコンディショナと一体型の蓄電装置も販売されているので、別途購入せずとも太陽光発電設備を導入するだけで蓄電機能を利用できるケースもあり、より使いやすい環境が整っています。

蓄電池については以下の記事で解説しています。
関連記事
太陽光発電保有者に蓄電池をすすめる理由とメリット・デメリット

災害時に太陽光発電を使用するためには切り替える必要がある

災害時に太陽光発電を利用することで得られるメリットについて、いくつもあることが理解できたら、自立運転モードといった切り替え作業について基本的な流れを知っておく必要があります。

災害時に太陽光発電を使うためには自立運転モードに切り替える必要がある

太陽光発電設備を通常使用している時は、あまり気にならないことですが災害時にも太陽光発電を利用するためには、切り替え作業を行う必要があります。住宅用太陽光発電は、停電が発生すると、パワーコンディショナも同時に動作停止するため太陽光パネルから発電しても電気を使うことができません。

そこで、太陽光発電システムには、非常用電源として太陽光発電のみで動作するよう切り替えるために、自立運転モードがパワーコンディショナに備わっています。ですので、災害時に停電が発生したら、まず非常用コンセントの確認を行いパワーコンディショナの切り替え作業に入ります。一般的には、電力会社から電力供給を受けるための連係用ブレーカーをオフにし、それからパワーコンディショナ側で自立運転モードに切り替えます。

詳細な方法は、メーカーによって異なる点もあるので、必ず取り扱い説明書をよく読んで安全に配慮した状態で作業を行いましょう。

自立運転モードに切り替えたら、非常用コンセントから各電化製品や電子機器に接続して使用します。

災害時に備えるために太陽光発電を設置するのは多くのメリットがある

災害時の太陽光発電システム利用に関するメリットについては、主に家電製品の稼働が継続できるという点で在宅避難者にとって、非常に役立つ機能といえます。また、蓄電機能も実装していれば、夜間でも電気を使用できるので避難生活に少しでも安心感と安定をもたらすことができます。

また、太陽光発電の発電量と蓄電量にもよりますが、冷蔵庫の稼働を止めなくてよいという点は、避難生活時に大きなメリットになります。生鮮食品などは常温保存ができないので、短期間で劣化して食べることができなくなってしまいます。しかし、太陽光発電で冷蔵庫を稼働させることができれば、無駄なく消費することが可能となります。

売電収益というメリットだけでなく、災害時に生活を少しでも安定させることができる太陽光発電の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

その他の太陽光発電のメリット・デメリットを見たい方はこちら

太陽光発電のメリットとデメリット