【土地付き太陽光発電のメリット・デメリット】よく聞かれる質問にお答えします!

スポンサーリンク

太陽光発電投資の初心者には土地付き太陽光発電がおすすめなことを知っていますか?

太陽光発電を始めるのに最適な土地を持っていなかったり、どんな土地が良いのかよく分からなかったりする方でも、太陽光発電設備と土地をセットで購入、または土地だけを賃貸することでスムーズに始められます!

土地付き太陽光発電には他にも多くの魅力があり、おすすめする理由がたくさんあります。一方でデメリットがあるのも事実。この記事ではメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

それだけでなく、多くの方が気になっている土地付き太陽光発電にまつわる疑問を一気にお答えしています。あなたが疑問に思っていることは全部解決してしまいましょう!

土地付き太陽光発電を知ろう!

太陽光発電とは

太陽光発電とは、太陽光を受けたソーラーパネルが発電して電気を生み出す仕組みのことです。

太陽光発電は大きく分けて2つに分類され、出力が10kW未満の場合は住宅用太陽光発電と呼ばれ、10kW以上の場合に産業用太陽光発電と呼ばれます。

産業用太陽光発電は規模も大きく、1,000万円〜2,000万円程度の初期投資がかかりますが、現金利益が出るので投資商品として人気があります。

 

太陽光発電が投資として成り立つ理由にはFIT制度(固定価格買取制度)が関係しています。

これは、住宅用は10年間、産業用なら20年間一定の価格で発電された電気を電力会社が買い取ることを国が保証している制度です。この制度を利用して電力を売電することで、利益を出すというのが太陽光発電投資の基本です。

土地付き太陽光発電とは

土地付き太陽光発電とは、土地付き太陽光発電を販売する企業が所有する土地に太陽光発電設備を設置し販売している発電所のことです。

土地付き太陽光発電には「投資者は土地と太陽光発電設備両方を購入する」もしくは「土地だけ借りた上で設備を購入する」という2つの形態があります。

土地付き太陽光発電は広い土地に架台を立ててソーラーパネルを設置するため、一般的には産業用太陽光発電の部類に入ります

産業用太陽光発電の中でも、50kW以上になると電気主任技術者の選任や、経産省に保安規定の提出など管理に手間もコストもかかってしまうので、太陽光発電投資を行うほとんどの方が10kW以上50kW未満の太陽光発電設備を選択しています。

投資を始めるなら土地付き太陽光発電が狙い目!

投資を始めようと考えているなら、実は太陽光発電投資が狙い目なんです!

投資といったら株や不動産投資を思い浮かべますよね。

株は知識がないまま始めると、最初の購入額よりも価値が下がって大損失なんてこともあるし、不動産投資は空室リスクや立地条件、築年数に価値が大きく左右されてしまいます。

対して、太陽光発電は私達が生活する上で必要不可欠な電気を生み出します。そのため、電気の需要がなくなることはありませんし、日本全国どこで発電しても価値は変わりません。

土地付き太陽光発電投資の魅力は、土地がなくても設備と土地がセットで購入できるところ!まさにローリスク、ミドルリターン・ハイリターンの投資とは太陽光発電なんです!!

土地付き太陽光発電のメリット

①土地選びの必要がない

太陽光発電は、どの地域に設置するかやソーラーパネルの向きによって、太陽光のあたり方や日射量が違うので、発電量に差がでます。発電量は、売電収益の増減に直接的に影響するので、パネルの向きや設置する土地選びはとても重要です。

しかし、土地付き太陽光発電の場合は、太陽光発電に最適な土地をプロが選んでくれるので、日当たりの良いベストな状態で始めることができます

②収支計画がたてやすい

産業用太陽光発電の場合、20年間は確実に電力会社が一定価格で電力を買い取ってくれます。

元の所有者の運用実績や日射量から発電量・売電収入を予想しやすいため実際に稼働した時に近い数値で収支計画を立てることが可能です

③管理・運用が簡単

太陽光発電には、設備の管理に比較的手がかからず、簡単に行えるという特徴があります。

太陽光発電の日常的な管理は日々の発電量に気を配るくらいで十分です!

発電量に気を配ることで、発電量の急激な減少があれば、故障や汚れに気づくことができるのでモニターを見てチェックすることは非常に大切なことです。

他にはソーラーパネルの劣化や故障をなるべく防ぐためのメンテナンスとして、1年に1回もしくは数年に1回点検・清掃を行ったり、機器が故障した場合には修理・交換する必要がありますが、専門業者に依頼してしまえば、所有者がすることはほとんどありません

メンテナンス費用や、具体的にどんなメンテナンスをすれば良いのかを知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。産業用太陽光発電の費用に関して産業用太陽光発電の初期費用とメンテナンス費用を詳しく解説

④初期投資は実質0円

太陽光発電投資は初期投資回収期間がおよそ10年前後と言われており、産業用太陽光発電では20年間売電が可能なので、単純計算で10年間分の電力売上全額が利益になります

1,000万円ほどの初期投資も10年前後で回収すれば実質0円といえますね。

⑤環境に優しい

太陽光発電は再生可能エネルギーと呼ばれていて、有害物質を発生せずに発電できるとても地球に優しい発電方法です。

自然環境の破壊や、地球温暖化に対しての意識が高まってきている中で、太陽光発電を始める意義は十分にあります。

⑥立地条件や値段に左右されづらい

交通の便や利便性、周辺地域の人気などに収益が左右される不動産投資と違って、太陽光発電は立地や利便性が収益に影響することはありません。

むしろ、田舎の地価の安い広い土地のほうが太陽光発電投資には向いています。土地付き太陽光発電の場合、土地代も初期投資に含まれることが多いので、安く広い土地を購入できれば、初期費用を抑えられるだけなく、規模が大きくなるので当然発電量が増えます。その分初期投資額の回収年数も短くなり、利益が出る期間が長くなります。

スポンサーリンク

土地付き太陽光発電のデメリット

①工事のずさんな業者は存在する

太陽光発電設置の際に、ずさんな工事をする業者も確かに存在します。

すべての業者が良い仕事をしてくれるわけではありません。口コミサイトや業績をしっかりと見極めて、信頼できる良い業者を選んでください。

太陽光発電の施工業者を選ぶ際は、見積もりサイトを利用するのがおすすめです。無料で複数の厳しい審査をクリアした優良な施工会社から見積もりを出してもらえるので、比較しやすく悪質な業者に引っかかってしまう心配もありません。

 

土地付き太陽光発電物件を契約するなら「タイナビ発電所」がおすすめ!

日本初土地付き太陽光発電物件検索サイトで、評判もよく、多くの方に信頼されています!

一括見積もりサイトはこちら

タイナビ発電所の評判やサービスについて知りたい方はこの記事をチェック
タイナビ発電所の評判口コミ土地付き太陽光発電の検索サイト『タイナビ発電所』は信頼できる?評判や特徴を解説

②高額な初期費用

土地付き太陽光発電は、土地も同時に契約するために、住宅用太陽光発電や土地をすでに持っている方に比べて初期費用がかなり高額になります。土地代を除くと大体30kWで900万円ほどかかり、そこからさらに土地代がかかります。

どのくらいの価格になるかは、土地の場所や広さで大きく変わりますが、なるべく土地代を抑えたいという人は、田舎の安い土地で契約すると良いです。

③自然災害で故障?

太陽光発電を屋外に設置する以上、台風や雷、強風、雪の重みなどで太陽光発電が故障してしまうような要因はたくさんあります。

自然災害や飛来物などなにかの原因があって故障し、修理が必要になれば、復旧するまでは発電できなくなるので発電量が激減してしまいます。

それでも火災保険や動産保険に加入して補償してもらうことで被害を最小限に留めることは可能です。

土地付き太陽光発電の抱えるリスクとは

FIT価格は下落し続けている!

FIT制度の固定価格は下落が続いています。

例えば、10kW以上の太陽光発電の場合、2018年には18円+税だったのが、2019年には14円+税に下落しているんです。

しかし同時に、パネルメーカーの価格も2012年には全体平均1kWあたり33万円以上でしたが、2019年には23万円となっており、約30%程度の値下がりです。

新規で太陽光発電を始めた方が利回り10%前後を維持できるのは、その分設置価格も安価になっているからです。

もしくは中古の太陽光発電なら、FIT価格は稼働したときの価格がその後20年間(住宅用は10年間)適用されるので、2016年に稼働した太陽光発電ならばその当時のFIT価格33円で売電することができます。2019年現在のFIT価格14円と比較すると、19円もの差があります!

固定資産税がかかる!

土地を購入した場合には土地と太陽光発電設備、賃貸の場合は太陽光発電設備自体固定資産税がかかります

固定資産税の計算は少し複雑な部分があります。

 

太陽光発電設備は償却資産なので、法定耐用年数の17年間は固定資産税を払う必要があります。

固定資産税の税額は課税評価額の1.4%で、取得後3年間は固定資産税額を3分の2に減免される課税標準の特例が適用されます。

償却資産の場合、書類上では年数が経過するごとに資産価値が下がっているとみなされるので、購入金額に減価率0.127(初年度は0.064)をかけた金額が課税評価額になります。

 

実際に1,500万円の太陽光発電設備を購入した場合の固定資産税を計算すると以下のようになります。

・1年目

15,000,000 ×(1-0.064)= ¥14,040,000 = 課税評価額

14,040,000 × 1.4% × ⅔ = ¥131,040 = 1年目の固定資産税

・2年目

¥14,040,000 ×(1-0.127)= ¥12,256,920 = 課税評価額

12,256,920 × 1.4% × 2/3 = ¥114,398 = 2年目の固定資産税

・17年目

1,830,546 ×(1-0.127)= ¥1,598,067 = 課税評価額

1,598,067円 × 1.4% = ¥22,373 = 17年目の固定資産税

17年固定資産税合計額 ¥1,221,272

 

1,500万円の太陽光発電設備を購入したなら、固定資産税が100万円以上かかってしまうので、収支計画を立てるときは固定資産税も含んで考える必要があります。

土地付き太陽光発電は儲かる?

土地を既に所有している場合に比べると確実に費用がかさむ土地付き太陽光発電ですが、設備だけ購入する場合と比べると土地がついていることでどのくらい初期費用回収年数に差が出てくるのか気になるところですよね。

 

土地代というのは場所や地域によって値段が全く異なります。例えば、茨城県鹿嶋市にある45kWの土地付き太陽光発電所の土地代は100万円ですが、群馬県西野牧では98kWの土地付き太陽光発電所の土地代は117万円となります。

土地付き太陽光発電を購入した時に何年で初期費用が回収でき、どのくらいの利回りで運用できるかは、土地代と規模によって大きく異なります。

土地付き太陽光発電の失敗しない物件選び

実際に現地へ見に行こう

まだ設備が完成していないとしても、実際に土地に赴いて日照時間や条件、周辺環境をチェックしておくことは欠かせません。

影ができないか、できるとしたらどのようにどのくらいできるのか、周辺に高い建物がないかなど、行ってみなければわからないことがたくさんあります。たとえ遠方の土地だとしても一度は足を運んでみてください。

メンテナンス体制の確認

土地に雑草などが生い茂っていたり、鳥の多い地域であればフンによるパネル汚染がある場合には、除草やパネル清掃などのメンテナンスが必要となります。

しかし、遠隔監視システムや駆けつけ対応がついているかどうかによって、安心して太陽光発電を稼働させることができます。さらに、どんなメンテナンスが必要になるのか、施工業者に聞いておくとより安心できます。

日照時間を把握する

気象庁のデータから日照時間を把握しておくと、発電量の予想や地域の天候の予想がしやすくなります。土地の向いている方角によっても日射量は大きく変わります。日射量を知るにはNEDOのデータを利用します。

日射量や日射時間が直接的に発電量、売電収入に関係しているので、知っておくことでよりよい物件を選ぶことに繋がります。

実質利回りを計算しておく

太陽光発電物件を紹介する業者の記載している利回りは表面利回りかもしれません。

 

表面利回りとは、大まかに計算された収益指標です。計算する際は、このように計算します。

表面利回り=20年間売電収入÷初期投資額÷20年間×100

実質利回りは、表面利回りよりもより現実的に詳しく計算された収益指標です。実質利回りはこのように計算します。

実質利回り=(20年間売電収入ー20年間ランニングコスト)÷初期投資額÷20年間×100

表面利回りに対して、ランニングコストや税金を考慮して計算された実質利回りは当然低くなります。比較する際にはそれが表面利回りなのか、実質利回りなのか確認してから比較してください。

詐欺トラブルに要注意!

悲しいことに、太陽光発電物件を紹介する企業の中には詐欺を働くような企業も一部存在しているのが現実です。

嘘の説明をして異常に高い利回りを見せたり、デメリットを一切説明せずに契約させる手口もあるようです。

太陽光発電にはメリットだけではありません。ただ業者から言われたことを100%飲み込むのではなく、自分で知識をつけることも必要です。

そして、その業者の口コミや評判、実態を調べてみましょう。良い物件だからと即決せずに、しっかりと調べてから投資することでよりよい太陽光発電投資物件に出会えます。

 

土地付き太陽光発電物件を契約するなら「タイナビ発電所」がおすすめ! タイナビ発電所なら太陽光発電ポータルサイトとして業界No.1の「タイナビ」で培われたノウハウと経験で、信頼できる高利回りな物件を多数掲載しています!

土地付き太陽光発電メリデメQ&A

土地は購入と賃貸どっちがいいの?

土地付き太陽光発電所の場合、土地代を含めると初期費用が高額になってしまうので、土地を賃貸すればかかる費用は少なくなります。また、賃貸では所有者ではないので土地に対しても固定資産税もかかりません

一方で、土地を購入すれば固定資産税はかかりますが、土地という資産を手に入れられるというメリットはあります。さらに、土地を購入することで太陽光発電設備自体の運用を20年が過ぎた後でも続けることができます

今から始めても遅くない?

FIT制度は2020年度内での制度終了が検討されていたり、売電価格が年々下落しているので今から始めてもまだ利益が出るのか、メリットはあるのかという不安を抱いている声がかなり多く見受けられます。

確かに売電価格が下落していると聞くと、利益が少なくなるし太陽光発電を始めるべき時期を逃したと思ってしまうかもしれませんが、大丈夫です!

制度が終了してもFIT制度適用期間内の中古太陽光発電を購入すれば、固定価格で売電することが可能です。例えば、2014年にFIT申請を通過した中古太陽光発電を今購入すると、32円+税で残りの15年間売電することができます。

しかも現在の売電価格は下落していても、同時に太陽光発電設置価格も下落しているので利回りは10%以上の物件が多くあり、太陽光発電を今からスタートしても決して遅くはありません!

土地や設備の処分はどうやってするの?

FIT期間の終了後、土地を購入している場合は太陽光発電を利用して売電もしくは自家消費を続けることもできますが土地が賃貸の場合は更地に戻して返却したり、地主に太陽光発電を続けるよう交渉することができます

 

太陽光発電の稼働をやめて更地に戻す場合は、太陽光発電設備を処分しなければなりません。ソーラーパネルには有害物質である鉛やセレンなどを利用しているものがあるので、手順を踏んで処分することが求められます。

現在経済産業省が想定している廃棄費用では、FIT認定を受けた年によって廃棄費用が異なりますが、2012年に認定を受ければ1.7万円/kW2019年に認定を受ければ1万円/kWとなっています。

土地付き太陽光発電に最適な保険はどうやって選ぶの?

太陽光発電が故障してしまう要因は自然災害や機械の動作不良、影などが主に考えられます。

機器の不具合はメーカー保証としてついてくることが多いですが、自然災害による故障などには対応していないことがほとんどなので保険に入ることをおすすめしています。

特に加入しておいた方が良いのは火災保険です。火災保険では盗難や飛来物の不測な事故には対応していませんが、最も可能性の高い自然災害や電気的・機械的事故には対応しています。

自分の太陽光発電所の立地条件や気候、地震マップなどから総合的にみて起こりそうな事態を想像して適切な保険を選んでください。

出力制御ってなに?

電気の需要と供給が合わず、どちらかが大きすぎたり小さすぎたりしてしまうと、電気設備の不調や大規模停電につながってしまいます

そのため、電力の需要が少ないときには出力を抑え、制御しなければいけません。

そこで行われるのが出力制御です。

出力制御がかかってしまうと、電力会社が発電した電力を買い取ってくれずに売電収入が減少してしまいます。

日本全国どこでも発電量は一緒?

決して日本全国どこでも発電量が一定ではありません。日射時間の長さや太陽の向き、温度、晴れの日数など気候条件によってそれぞれ違いがあるからです。

しかし、県や地名で選ぶのではなく、日当たりの良さや土地自体の向きなどそれぞれの土地ごと比較するでことで、よりよい太陽光発電に適した土地を選ぶことができます。

 

県ごとに適した土地が知りたい方はこの記事も参考にしてください。

愛知県は太陽光発電投資に向いているのか愛知県に太陽光発電投資は適しているのか?利回り・売電収入をシュミレーション 沖縄で太陽光発電投資は本当に儲かるのか? 利回りや初期費用回収までの期間 鹿児島県は太陽光発電に適しているのか鹿児島は太陽光発電を設置する場所に適しているのかを徹底検証 岡山県は太陽光発電所に適した場所なのか岡山県と太陽光発電の相性は?“晴れの国”と呼ばれる理由を解説!

他の投資と何が違うの?どこがメリット?

不動産投資や株とは違い、太陽光発電投資はリスクの低さが一番大きなメリットです。

20年間の固定価格売電が約束されており、安定した収支計画が確実に立てられるので元本割れのリスクがなく、確実に利益を生み出すことができます。

不動産投資のように空室によって収益がなくなることはなく、株のように収入の振り幅が大きすぎるということもありません。

 

他の違いやメリットを知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

どっちが儲かる?太陽光投資と不動産投資

融資先は誰に相談してどうやって決めればいい?

太陽光発電投資は、多額の費用を準備しなければならないので、どの方法で融資を得るかを決める必要があります。太陽光発電の購入資金の融資先は、主に銀行・政策金融公庫・信販会社の3つの選択肢があります。それぞれに違いやメリット・デメリットがあり、簡単に比較するとこのようになります。

政策金融公庫銀行信販会社
金利1.21〜2.85%1.5〜2.5%2〜3%
審査の難しさ難しい普通簡単
期間数ヶ月1〜2ヶ月契約成立と同時

 

つまり、

審査に時間はかかってもいいから、金利を低く抑えたい政策金融公庫

金利が多少高くても、できるだけ早く融資を受けて契約したい信販会社

金利はなるべく抑えて、審査に数ヶ月も待てない銀行

どの方法で融資を得るかを決めかねるのであれば、太陽光発電物件を紹介している会社の担当の方に相談するのが良いでしょう。

節税出来るって聞いたんだけど……

節税対策として太陽光発電を購入する方も多いです。太陽光発電は減価償却することができ、導入費用を経費として計上できるので、所得税が本当の額よりも少なくなるもしくは払わなくてよくなります。産業用太陽光発電を行っていて、売電収入が20万円を超える方にはおすすめです!

影はどのくらい太陽光発電に影響するの?

太陽光発電が影から受ける影響はかなり大きく、ソーラーパネルの仕組みによっては一部だけ影がかかることでパネル一枚分すべてが発電できなくなったり影がずっと被っていると故障の原因になることもあります。故障したり、発電できなくなる状況では発電量も落ちてしまうので売電収入にも直接的に関わっています。

そのため、太陽光発電において影はなるべくできない方が、効率のよい発電を行うことができます。

まとめ

土地付き太陽光発電にはメリットもデメリットもあるということを解説しました。

収支計画の立てやすさや整地の必要がないことなど、土地付き太陽光発電は土地付土地と太陽光発電システムを別々に購入するよりもメリットがたくさんあります。

そのため、土地付き太陽光発電は投資初心者の方にもおすすめです。

それだけではなく、既に土地を所有しているという方でも、条件に最適な土地ではなかったり、整地する必要がある場合は土地付き太陽光発電の方が楽に始められるかもしれません!

土地付き太陽光発電物件を検索したいなら「タイナビ発電所」がおすすめ! 
スポンサーリンク